医療脱毛では硬毛化が有り得る!その確率は?

永久脱毛しようと思っても、脱毛を何回かやった段階で硬毛化が見られる場合もあります。
医療クリニックでは硬毛化のリスクについても説明があると思いますが、
お金をかけて硬毛化が起きるとホントに最悪です。
全てを投げ出したくなるくらいにちょっと絶望感を味わうかもしれません。

一応、一般的には永久脱毛での硬毛化になる確率は3%前後とも言われているそうですが、
ん~ちょっと確率としては低くはないですよね。
全身脱毛に30万とか払って、それでも3%のこのリスクはちょっと怖いです。

そして硬毛化の原因って実はまだはっきりとわかっていないんですが、
現段階で確からしいのは、レーザーの刺激によって逆に発毛が促進されてしまうという理論です。
メラニンが多く作られる⇒毛が太く濃くなる!ってことですね。

硬毛化したらどうするの?

この場合は、一時的な硬毛化である場合もあるので、
今よりもちょっと出力を上げてレーザー脱毛を続けるという選択肢が1つ、
もう1つはニードル脱毛で目立つ毛を処理してしまうという方法です。
まぁ対応のしようがないわけではないので、一応その点はちょっと安心??かも。

この硬毛化問題はホントにリアルに切実な問題となりますので、
絶対にカウンセリング時に聞いておきましょうね。

ちなみに三宮の美容クリニックでは、リゼクリニックが硬毛化に対して保証を付けています。
具体的ではその現象が見られた場合に、以後1年間、無償での脱毛をするというものです。
※この点においてもちゃんとご自身のカウンセリング時に確認するようにお願いします。

永久脱毛in三宮 トップページへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ